プロミスは無職でも申し込めるの?

残念ながら、プロミスカードローンは、無職の方が申し込む事は出来ません……。プロミスを利用したいという方は、収入のある仕事に就く様にして下さい。毎月の収入が安定していれば、働き方は自由です。
自営業、アルバイト、パート、派遣社員、正社員、どのような職種や働き方でも、プロミスのカードローンを組むことが出来ます。もちろん、外国籍の方であっても、日本に居住していて必要な書類(在留カードや特別永住者証明書など)が用意出来れば、プロミスを利用する事が出来ます。
反対に無職、定年後で主な収入源が年金という方、専業主婦、収入のない学生、20歳以下の方は、プロミスに申し込む事が出来ません。借り入れを希望される方は必ず、プロミスの貸し付け条件がクリア出来るようにしておいて下さい。プロミスの利用を希望される専業主婦の方は、パートやアルバイトなどで収入が得られるようにしておきましょう。
主婦の方で月々の収入が安定していれば、多くて50万円前後の(最大)借り入れ枠が設定されるはずです。プロミスのローン商品は、原則500万円まで借り入れる事が出来ますが、最高の融資額が割り当てられるのは、ほんの一握りの人たちだけです……。低金利でローンを利用出来る層に限りがあるので、最低金利の数字だけにごまかされないように注意して下さい。最近では、無職の方の借り入れを「騙そう」とする人も多くいるので、甘い言葉に乗らないように注意して下さい。

消費者金融系と銀行系のカードローンについて

カードローンには大別して消費者金融系と銀行系の二種類があります。
簡単な見分け方としては経営母体が貸金業として登録されている貸金業者であれば消費者金融系、銀行であれば銀行系といったようになるのですが、実際に利用をする際にはとても大きな違いもあることを忘れてはいけません。
ではそのとても大きな違いとは何かというと、それが「総量規制の影響を受けるかどうか」なのです。
まずそもそも総量規制とは何か、これは簡単にいってしまえば消費者が借金を増やしすぎないように法律で定められた貸金業法による融資額制限のことです。
この制限下で貸金業者が消費者に消費目的融資をする場合、そこでは年収の1/3以上の融資ができないようになっているのです。
そのためかつては普通に借金ができた専業主婦が貸金業者からお金を借りられなくなった、借りられる人でも限度額がかなり下がったということで不便を感じている人が多いのですが、これは先ほど触れたように「貸金業者が消費者に消費目的融資をする場合」という前提があります。
最初に述べた消費者金融系と銀行系の見分け方を再確認してもらえるとわかるように、銀行系業者は貸金業者ではなく銀行として事業登録がされているのですから、銀行系業者は総量規制の関係なく自由に融資できるのです。
もちろんお金借りる審査の中で問題ないであろうと判断される範囲が上限となりますが、消費者金融系では借り入れができない人であっても銀行系からならば借りられるということがあり得ますから、二つの業者の違いはしっかり理解しておきましょう。

コンビニエンスストアでキャッシングめっちゃ便利で怖い。

かなり以前から、visaのカードの存在と言うものをよく知っていて、とても便利そうな感じでしたので出来れば使ってみたいと常々考えておりましたが、自分自身が住んでいる自宅の近くには、カードを使うことができるお店などがほとんどなさそうな感じでしたので、なかなか実際に申し込みをすることができずにおりました。
その後もそのような状態がずっと続き、私はvisaカードを使うことを半分諦めかけておりましたが、ある時たまたま実際に持っている人と話をする機会がありましたので、いろいろと利用について聞いてみたところ、なんとコンビニエンスストアでキャッシングをすることができると言っており、私は自分の耳を疑ってしまいました。
コンビニであれば自分の自宅の近くにも何件かあり、そこでキャッシングをすることができると思いましたが、やはり何度確認しても間違いないみたいでしたので、私はすぐにカードを作って実際に試してみることにしました。その後、申し込みをするとあっという間に手に入りましたので、早速私はそれを持ってコンビニに出掛けてみました。
すると、本当に簡単にキャッシングをすることができたので、私はとても感激してしまいましたが、これであれば今後もずっと日常生活の中で気軽に使い続けて行くことができると感じました。今回は念願のvisaカードが手に入って嬉しく感じたのと同時に、本当に役に立つことを教えてもらうことができてよかったと、心から強く感じております。